reading for life

reading for life

I cannot live without books.

火花/又吉直樹

火花 (文春文庫)

 

又吉さんの『火花』読みました。

ドラマ等も(林遣都くんらが主演だったのは知ってたけど)観てなかったし、

そもそもほとんどテレビを、特にお笑い番組は観ない僕なので又吉さん自身にも興味がありませんでした。

タイトルも表紙も地味だし。

とっつきにくい作品だなという印象でした。

 

けど随分話題になっている作品じゃないですか。

Amazonのレビューも1400を超えていて。

せっかくだし読むかー、と購入してみました。

 

読み始めた時には「堅そうな作品だな」という印象でした。

難しい言葉をよう知っているんですよ又吉さん。

ただ我慢して読んでいくと結構読みやすいもんです。

わりと淡々と物語は進んでいきます。

又吉さんって純文学をよく読んでいるんかなと思っているんですが、それが作品にも現れている感じがします。

 

結局、泣かされました。

最後の漫才のシーンでは本当にティッシュをぐしょぐしょにして読んでいました。

主人公の徳永くんや神谷さんは芸人で、お笑い界で奮闘していく物語なんですけど、

本当に最後は泣きました。

 

僕自身も役者の世界を志してみたり、今でも定職につかないでフラフラしていたり、まあちゃんと仕事に就こうとしてるとこなんですけど、

また僕にもすっごい仲良くしてたお笑い芸人の人がいたんですけど、先日辞めてしまったところで。

彼も今までに熱く「お笑いとは」という話をよく話していたのでそういう姿と重なりましたね。

何年も何年も費やして、夢を追ってきて、それでも思うようにいかないんですよね。

 

一節を引用します。

 

僕達はきちんと恐怖を感じていた。親が年を重ねることを、恋人が年を重ねることを、全てが間に合わなくなることを、心底恐れていた。

 

本当にそうなんです。

夢を追うということはこの「間に合わなくなる」という事態とどう折り合いをつけていくかってことなんです。

葛藤しているんです、いつも。

怖いんです。

 

良い小説でした。

神谷さんが真樹さんのところから出ていくときの彼女の寄り目&舌出しのシーンも好きです。

変顔をして送り出していく切なさがものすごいですね。

最後の漫才のシーンもそうですが切ないシーンに絶妙にふざけた要素を組み込んで、それが一層の切なさになりますよね。

又吉さんのすごいところやと思います。

 

新作で『劇場』という作品も出ていますね。

 

劇場

劇場

 

 

今度は恋愛小説なんですかね。

読んでみたいところですが、単行本だと高いっすからね(^◇^;)

うーん、悩みます。

 

『火花』は機会があったらドラマも観てみたくなりました。

ああ、11月には映画化もされるんですね。(菅田将暉くん、桐谷健太さん主演)

鬼ちゃんと浦ちゃん。

おあ!木村文乃さんも!!!!これは観るしかない!!!!

 

hibana-movie.com

 

監督は板尾さんですか。

なるほどですね。

 

 

文庫版の巻末には「芥川龍之介への手紙」という芥川賞受賞記念エッセイも載せられています。

なるほど、「火花」ってそういう捉え方(意味合い)で書かれていたんですね。

最後まで楽しめる一冊でした。

 

おもろかったです(つきなみ)。

 

 

火花 (文春文庫)

火花 (文春文庫)

 

 

コンビニ人間/村田沙耶香

 コンビニ人間

 

※この記事はネタバレあります。

 

 

かっこいい小説でした。

 

概要ということで、アマゾンの紹介文を引用します。

 

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。

 

 

 

「あの人、35歳とかでしたよね。それでコンビニアルバイトって、そもそも、終わってません?」 「人生終了だよな。だめだ、ありゃ。社会のお荷物だよ。人間はさー、仕事か、家庭か、どちらかで社会に所属するのが義務なんだよ」

 

同僚やコンビニ店長にこんな風に言われる白羽。

「仕事か、家庭か、どちらかで社会に所属するのが義務」というのは僕も耳が痛いのですが。(正社員として働いたことがない32歳なので)

辛辣です、世間は。

 

「威張り散らしてるけど、こんな小さな店の雇われ店長って、それ、負け組ですよね。底辺がいばってんじゃねえよ、糞野郎……」

 

という白羽のセリフ。

いやいやいやいや、自分の立場わかってるのでしょうか(いや、わかってない)。

おめえ1回コンビニの雇われ店長をやってみてから言えよって話です。

負け組じゃねえよ、精一杯がんばっているんだよ、社会の中で。

そりゃ確かに給料ガッポガッポで充足した生活で、という仕事じゃないかもしれないけど。

「35歳アルバイト」のおめえが毒づいてるんじゃねえよ。

 

って言いたいところです。

別に「35歳アルバイト」でも良いと思いますよ?

本人が納得していればね。

何を持って勝ち組・負け組って決めることはないでしょう。

ただ他人の苦労も知らないで批判ばかりしている野郎はその考え方自体が「負け組」だと僕は考えています。

 

「僕は確かに今は仕事をしていないけれど、ビジョンがある。起業すればすぐに女たちが僕に群がるようになる」

 

という白羽に対して、恵子のセリフがこちら。

 

「じゃあ、先にちゃんと白羽さんがそういう風になって、実際に群がってきた女性の中から選ぶのが筋なのではないですか?」

 

ごもっともwww

 

ぼくは一生何もしたくない。一生、死ぬまで、誰にも干渉されずにただ息をしていたい。それだけを望んでいるんだ

 

こんなことを平気で言う白羽はほんと救えないなと…。

 

それでもひょんな事から白羽と一緒に住むことになった恵子ですが、職場の同僚にバレてしまいます。

 

「ちょっとちょっと、何時の間にそういうことになってたのー!? お似合いなんだけど! ねえ、どっちから告白したの? 白羽さん?」

 

 

ていうか、付き合ってないんですけどね。

 

無職の白羽を自分の部屋に住まわせてやっているのに、バカ白羽は恵子にこんなこんな口をききます。

 

「それはね、あんたがおかしすぎたからですよ。36歳の独身のコンビニアルバイト店員、しかもたぶん処女、毎日やけにはりきって声を張り上げて、健康そうなのに就職しようとしている様子もない。あんたが異物で、気持ちが悪すぎたから、誰も言わなかっただけだ。陰では言われてたんですよ。それが、これからは直接言われるだけ」

  

それは本当のことなのかもしれないが、どの口が言っているんだとぶん殴りたくなります。

 

弟の妻曰く、実母にお金を払わせてブッチする無職の白羽。(お母さんがかわいそう)

 

この人、ルームシェアの家賃滞納したまま逃亡して。携帯も繋がらないみたいで、北海道の実家にまで電話がかかってきたんですよ。こっちからの電話も全部無視するし。たまたま私が同窓会で東京に来る予定があったんで、お義母さんが立て替えたルームシェアの滞納分全部支払って、頭下げて謝罪して。まったく、いつかこういうことになると思ってたんですよ。この人、自分で稼ぐ気が全然なくてお金に意地汚くて、だらしなくて。

 

さらに恵子に転職させて寄生を強めようとしていきます。

 

白羽さんは相変わらず浴槽で眠り、昼の間は部屋で食事をしたり求人広告を見たりと、自分が働いていたときよりよほど活き活きと動き回って生活しているようだった。

 

 

結局白羽の計画は恵子の信念によって潰されます。

 

「気が付いたんです。私は人間である以上にコンビニ店員なんです。人間としていびつでも、たとえ食べて行けなくてのたれ死んでも、そのことから逃れられないんです。私の細胞全部が、コンビニのために存在しているんです」

 

「いえ、誰に許されなくても、私はコンビニ店員なんです。人間の私には、ひょっとしたら白羽さんがいたほうが都合がよくて、家族や友人も安心して、納得するかもしれない。でもコンビニ店員という動物である私にとっては、あなたはまったく必要ないんです」

 

 

人間として、女としての自分はそこにはなく、自分はコンビニのために存在しているんだという信念の強さが感じられました。

親にも家族にも認められなくていいというのです。

結婚しなくても子供を作らなくても正社員にならなくても「コンビニで働く」ということが何よりも大事なのです。

この突き抜け感が恵子のかっこいいところです。

 

ぼくには真似できません。

ただそんな恵子のようにシンプルに生きられたらかっこいいし色んなことが楽になるだろうなとも思いました。

恵子もまた「ミニマリスト(最小限主義者)」なのかもしれません。

 

ぼくは今は32歳で契約社員みたいな働き方でいます。

これまで(大学卒業後)は役者やコールセンター業務、派遣、臨時的任用教員、ユニクロ店員、牛丼バイト等をやってきました。

職を転々としてきているんです。

なので白羽のことはあんまり悪く言えません。

「起業して人生大逆転させるんだ」という心意気も分かります。

 

しかし、今までの経験の中で恵子のように「人間である以上に◯◯なんです」と人生を賭けて取り組めるのって「教員」かなと。

四六時中、休日も、勤務時間外も仕事のことを考えて取り組んでいけるものとしたらやっぱり教員なのではないかと僕の場合は思うのです。

 

あ、いや。

やっぱり人間であることが前提です(^_^;)

結婚もしたいですし、子供なんかできたら溺愛しちゃうと思いますもん。

ただ教員になってクラスの担任にでもなれば、やはり四六時中生徒のことを考えてしまいます。

 

 

 

「普通」とは何なのか。

結局誰もが普通なんてことはなく、どこかが変であったり異常であったり異色であったり特殊であるのかもしれません。

僕はここまで随分特殊な人生を歩んできてしまいました。

「普通」を目指して教員になったとしてもどこか特殊さは残ってしまいそうな気もします。

 

「自分はなんでこんな生き方になってしまったのだろう」と考える人たちにグサグサ刺してくる痛快な作品になっているのではないでしょうか。

未読の方、ぜひ読んでみてください。

 

 

 

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 

だれでも書ける最高の読書感想文/齋藤孝

だれでも書ける最高の読書感想文 (角川文庫)

 

 

読書感想文を書くなんて小中学生のときは嫌で嫌で仕方ありませんでした。

原稿用紙5枚とか言われて「めんどくせー」みたいな。

いや、普通の人はだいたい同じだと思いますが。(笑)

 

この本を読んで「めんどくせー」がなくなるわけではありませんが、「あーこういうことを書けばいいのか」というヒントは得られます。

ものの見方が変わったり広がったりすることは読書の大きな意義のひとつ。

そういうのを書き留めていきたいと思います。

 

そんだ本の感想を書くときにこの本を横においておけば煮詰まったときに良いヒントが得られそうです。

読書感想文初心者に圧倒的オススメの一冊です。

 

 

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法/Testosterone

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

 

こんなクールな表紙のビジネス書があって良いのだろうか(笑)

先月にこの本を買ってから筋トレに励んでいます。

ダンベルまで購入しました(笑)

 

これ(重くてつらいです)

 ↓ 

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット (片手20KG×2個)

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット (片手20KG×2個)

 

 

 

本書では兎にも角にも筋トレを推奨しています。

恋愛も仕事もメンタルも筋トレをすることで解決できてしまうぞ!くらいに主張しています。

これが非常に痛快。

「筋トレすればいい」という究極のシンプルな自己啓発が清々しいです。

 

実際に筋トレを実行してみると本当に気分も爽快。

脳内伝達物質のアドレナリンやセロトニンやテストステロン等が分泌されるためだとか。

考え方も前向きになり、強気な心持ちになってきます。

 

testosterone氏の本は他にも出ていて、全部買いました(信者w)

 

筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術

筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術

 
スーツに効く筋トレ (星海社新書)

スーツに効く筋トレ (星海社新書)

 
人生の99.9%の問題は、筋トレで解決できる!

人生の99.9%の問題は、筋トレで解決できる!

 

 

『7つの習慣』とか『思考は現実化する』とか、そういう名著系のビジネス書も良いのかもしれません。

けどこんなtestosterone氏の著書のような単純明快な書籍もすばらしいビジネス書だと考えます。

メンタル面ではなくてフィジカル面に訴えてくるのが面白いですね。

 

なお筋トレの効果や方法だけでなく、ダイエットについてや食事の管理、人生の考え方、時間の使い方等も学べます。

女性にもおすすめな本なので、書店で見つけたらぜひ手にとってパラパラめくってみてください。

 

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。/佐々木典士

 

ミニマリストという価値観がある。

「最小限主義者」みたいな感じで訳す。

 

僕が最初にミニマリストを知ったのは2015年の10月ごろ。

この本を手にとって読んだのがきっかけだ。

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

読んだ当時はそれはそれは衝撃を受けた。

「おれもミニマリストになりてえ」なんて思っていた。

しかしそう簡単には生き方というのは変えられないものである。

 

というか、捨てるのがめんどくさいのである(^_^;)

「要らないな」「捨ててもいいな」「手放そう」

そんな風に思ったモノがあってもゴミの分別や回収の曜日などに合わせなきゃいけない。

片っ端からガンガンにゴミ置場に捨てていけたらいいのに、なんて思う。

 

 

 

「モノが少ない生き方」を諦めているわけではない。

こんまりさんの本も読んだりしている。(Kindle版)

 ↓

マンガで読む人生がときめく片づけの魔法

 

「捨てるモノを選ぶというよりは残すモノを選んでいく」といったようなことが書かれていた。

たしかに、そういう観点で選んでいくのは重要であろう。

 

 

自分の部屋がモノで溢れかえっていてしんどい……(^_^;)

ミニマリストとまではいかなくとも、自分が本当に必要としているモノだけにして整然とした空間で過ごせるようにしたいところ。

 

片付け本を手に取ると「ああこんなスッキリとした部屋にしたいなあ」と片付けモチベーションは上昇するのだが、片付け本が増えていくことで部屋のモノが増えてしまっては本末転倒。

 

モノを少なくして、自分の部屋でブログを書き、本を読み、筋トレをできるように。

うーん……がんばろう。

 

 

 

君に恋をするなんて、ありえないはずだった/筏田かつら

君に恋をするなんて、ありえないはずだった (宝島社文庫)

 

本屋で表紙に目を奪われ衝動買いした本です。

 

Amazonの紹介文より引用します。

千葉県南総にある県立高校に通う地味で冴えない男子・飯島靖貴は、勉強合宿の夜に、クラスメイトの北岡恵麻が困っているところを助けた。それから恵麻は、学校外でだけ靖貴に話しかけてくるようになった。しかし靖貴は恵麻に苦手意識を持っていて、彼女がどうして自分に構うのかわからない。地味系眼鏡男子と派手系ギャル。絶対に相容れないはずの二人に起きる、すれ違いラブストーリー。

 

ライトノベルのジャンルになってくるかと思うのですが、楽しめました。

サクサク読めるし、読めない漢字や意味のわからない語句もしばしば出てきて、非常に勉強になりました。

こう語彙力の豊富な作家さんって好きです。

 

米澤穂信さんの作品も語彙が豊富ですが、それよりもサクサク読み進められました。

読破するまでの日数は二日くらいですかね。

GWということもあり、読むのにたっぷり時間を使えました。

 

主人公の靖貴は地味で冴えない高校3年生。

要は「女の子とどう接したらいいのかわからない系男子」です。

とにかく共感できます。

靖貴は高校生ですが、ぼくは大人になっても未だに女の子(特に好きな子)とどう接したらいいか分からないですから(苦笑)

そういう恋愛苦手体質な人は「わかるー!」と思いながら読めると思います。

くっそネガティブ思考ですが(笑)

 

そしてヒロインの恵麻ちゃんが可愛いのなんのって。

めっちゃいい子です。

不器用なんですけどね、そこがまた可愛い。

冴えない男子に恋しちゃうシチュエーション、最高ですね!!

恵麻としても「どう接したらいいのかわからない」のです。

 

 

先にも書きましたがとにかくサクサク読めるので「土日になんか読もうかなぁ」なんて人にもおすすめです。

休日を楽しむのに読書ってコスパ良いですよね。

 

なおこの本は終わり方がとにかく凄まじいです。

読み進めていると、残りページが少ないのに「え。今からこんな展開?」みたいに思います(笑)

シリーズ化していくんでしょうかね。

続きが出たら100%買って読みます。

 

 

ああ、続刊もあるんですね!

よかったです! 超やきもきしていましたwww

楽しみにしています!!!!

 

 

君に恋をするなんて、ありえないはずだった (宝島社文庫)

君に恋をするなんて、ありえないはずだった (宝島社文庫)

 

 

今年の春は、とびきり素敵な春にするってさっき決めた/さえり、山科ティナ

今年の春は、とびきり素敵な春にするってさっき決めた

 

最近「さえりさん」という方を知って、妄想ツイートを楽しく読ませていただいていました(笑)

この本はそのさえりさんの妄想を一冊にまとめた本です。

 

Twitter未公開妄想も収録されているとのことです。

 

とにかくただただ甘いです。

表紙の妄想でもこんな感じ。

 

ゆるふわパーマの彼と

おいしい紅茶を飲みながら

たわいもない話をしていたら、

彼がにこにこして何も言わないで

こっちを見ているので

「どうしたの?」って聞くと

「あ、いや、ごめん、僕の彼女って

かわいいなって思ってた」と言われて、

桜より濃いピンクに頰が染まる

ワンダフルティータイムを

来世はください

 

このときめき感で悶絶(笑)

 

もちろん女の子が読んでも楽しいんだけど、男が読んでみても面白いと思います。

オンナゴコロってやつですね。

 

なお、さえりさんのTwitterを読んでみても楽しめます。

 

 

という妄想も(若干修正が加えられて)掲載されていますが、Twitter上ではこれ以上に妄想が発展していたりして(笑)

 

 

 

 

最後は『タッチ』のパロディーで(笑)

センスに脱帽です。

 

 

 

ちなみにさえりさんは「妄想をつぶやく人」ではなくて、れっきとしたライターさんです。

文章を書く人。

 

saeri.me

signof.me

 

 

かわいいですねー。

『とび春』の表紙の女の子は完全なるさえりさんモチーフですね。

 

ちなみに自分がやってみたい妄想シチュエーションがこちら。

(聞いてない)

 

飲み会中に好きな人が

「みてみて、これどう思う?」って携帯見せてきて、

「なに?」って覗き込んだらメモ帳画面に

『二人で抜け出したいんだけどダメ?』って書いてあって。

 

驚いて顔見たら彼がいたずらっぽく笑うので、

画面を指差しながら

「わたし、結構好きかも」とか言って

彼が「俺もー」って言う、共犯的な時間過ごしたい

 

ってやつ(笑)

そんなのできる相手、いないんですけどね。

 

…妄想ってたのしい(笑)

 

 

今年の春は、とびきり素敵な春にするってさっき決めた

今年の春は、とびきり素敵な春にするってさっき決めた